ただいま…(o_o)

おかえり…(o_o)

 

 

 

 

 

の「ただいま」ではなくて(笑)

 

 

 

ただいま絶賛アレンジ中です。

PC画面

※期日も絶賛迫り中(o_o)←

 

 

 

アレンジをしていて、「あぁ自分にもっと能力があれば!!!」とよく思います。

 

 

例えば、和音の進行は決められても、配置にとても悩んでしまう。

 

 

先日のブログでもお話しした「ハイドンのオーケストレーション」の中にも出てきましたが

 

 

和音の配置ってとっても繊細。

 

 

ピアノ譜にまとめた時にバランスが良くても、割り当てる楽器によってはとってもアンバランスになってしまう。

 

 

 

 

ハイドンが試した104種類の配置。

 

 

モーツァルトの持つ天才的なバランス感覚。

 

 

ベートーヴェンの確固たる響きのイメージ。

 

 

僕に圧倒的に足りないのは、アナリーゼ(楽曲分析)です。

 

 

 

 

僕の持っている知識は、自分が吹いてきたホルンのパート譜や見てきたスコア

 

 

そして自分が書いて出してもらった音や、PCのプレイバック

 

 

それぐらいしか持ち合わせていません。

 

 

今まで(特にプレイバックによる)トライアンドエラーを繰り返すことでなんとか作り上げてきましたが

 

 

もうそろそろそれに限界が来ていると感じます。

 

 

例えば、ベートーヴェンの交響曲、或いは弦楽四重奏のスコアを、試しにざぁーっ目を通すだけで

 

 

それまでとは違うオーケストレーションにきっとなると思うのです。

 

 

これが、スティーブン・R・コヴィーの提唱する時間マトリクス「四つの領域」で言うところの『第II領域』になります。

 

 

つまり、「急ぎではないが大事なこと」に分類される(詳しくはまた後日)

 

 

なので、少しずつで良いから人類の宝であるスコアな目を通し、先人の知恵をお借りしていければと思います。

 

 

 

 

 

それにしても、山田耕筰さんのメロディはやっぱり温かいですね(o^^o)

 

 

よし、書くぞーーー!!!

 

 

 

〜本日の名言〜

誰でも才能を持っている。でも能力を得るには努力が必要だ。

マイケル・ジョーダン(アメリカのバスケ選手)

 

 

コメントを残す

CAPTCHA