【台本を書くということ】

今日のリハーサル終了後に、自作の音楽劇の初合わせをいたしました。

 

 

脚本、編曲、作曲(と言ってもブリッジやBGM等一部分ですが)、出演(と言っても登場人物のうちの一人ですが)全て三村総撤。

 

 

センチュリーのヴァイオリンの方から依頼を受けて作成したのがおよそ3年前。

 

 

タイトルは「たろうくんの冒険」。笑

 

 

依頼内容はもっとシンプルなものでしたが、自分の創作欲がうずいて、全部やらせてーってお願いして作らせて頂きました。

 

 

その時は初めての試みだったので、手探りで作成、お披露目だったのですが、やはり色々と課題は残りました。

 

 

そして今回、その経験を踏まえて手を加えてリアレンジしたものを12/2(日)に上演いたします。(詳しくはまた改めて)

 

 

そして今日、合わせをする中でさらに台本に手を加えていったのですが、どうやら僕が書いていたのは「台本」ではなく、純粋な「本」だったようです。

 

 

 

 

台本は、ナレーション、登場人物のセリフ、登場人物の仕草や表情の指定が書いてあり

 

 

その通りに各々が読み上げ、演技をすると、ストーリーが完成する仕組みになっています。

 

 

ところが、僕はそのナレーション、つまり風景や状況の描写を事細かに書きすぎていたのです。

 

 

例えば、このように。

 

 


 

ある小学校での休み時間のことです。A君とB君とC君の三人が、味噌汁の出汁について話していました。

 

A「やっぱり味噌汁には蟹でとった出汁が一番だよなぁ。」

 

とA君が言うと、B君はすかさずこう答えました。

 

B「いや、ここは海老の出汁が一番であると言っておこうではないか。なぁ?C君。」

 

質問を振られたC君は、得意げにこう答えました。

 

C「ふふん、僕んちはいつもベジブロスで味噌汁を作ってるんだぜ。」

 

その答えに、2人は思わず聞き返しまいました。

 

A「ベジブロス?」

B「ベジブロスってなんだい?」


 

…あくまでも例ですから、内容はそこまでお気になさらず。

 

 

さて、これを仮に演劇でやった場合、セリフからナレーションまで全て話すとどうなるか。

 

 

 

 

A君がB君の方を向いてセリフを言った後、通常の会話なら、B君はすぐに喋り始めることでしょう。(すかさず、なんて説明もありますし)

 

 

しかしこの台本通りだと、A君がセリフを言った後、B君はA君の方を向いたままナレーションが終わるのを待たなければなりません。

 

 

さらにC君も、B君からの質問にすぐに返答して全く問題ないのですが、この台本通りだと、C君はひたすら得意げなままにナレーションが終わるのを待たねばなりません。

 

 

まさに、C君のウルトラスーパーデラックス得意げタイムに突入するわけです。

 

 

こんな感じで僕の人生初の台本は全編書かれていたわけです。

 

 

ここで登場するのが、日本センチュリー交響楽団ヴィオラ奏者のIさん。

 

 

Iさんは僕が様々な面で大変頼りにしている方なのですが、合わせに立ち会って下さっていたのです。

 

 

そして、ディレクターよろしく、台本の中で不必要・不自然な箇所があるたびに

 

 

 

 

I「そこ、いらなくない?」

I「ここはなくてもいいよね。」

I「あー全部なくていけるわ。」

 

 

 

 

と、全てを排除していって下さいました。

 

 

合わせの中でこれを僕らは「ディレクターズカット」と呼んでいました。笑

 

 

こうして完成したのが、こんな感じ。

 


 

ある小学校での休み時間のことです。A君、B君、C君の三人が話していました。

 

A「やっぱり味噌汁には蟹でとった出汁が一番だよなぁ。」

 

B「いや、ここは海老の出汁が一番であると言っておこうではないか。なぁ?C君。」

 

C「ふふん、僕んちはいつもベジブロスで味噌汁を作ってるんだぜ。」

 

A「ベジブロス?」

B「ベジブロスってなんだい?」

 


 

うーん、スッキリ。笑

 

 

「物語を書く」ことと、「台本を書く」ことは、こんなにも違うのだなぁということを知ることができ、大変勉強になりました。

 

 

さて、この「たろうくんの冒険」ですが、12/2(日)に豊中で0歳児からの親子コンサートで上演されます(^^)

 

 

お子様のいらっしゃる方や、お子様とコンサートに行きたいなぁというお知り合いの方がいらっしゃいましたら、ぜひお知らせをお願いしたいと思います!

 

 

とは言えまだ情報が揃っておらず…

 

 

また改めてブログで告知させて頂きますね!

 

 

〜本日の名言〜

ものことを見事にやることだよ。

「もう一回それを見るためならお金だって払う」

と言われるくらい見事にね。

 

ウォルト・ディズニー(ミッキーマウス、ディズニーランドの生みの親)

 

 

コメントを残す

CAPTCHA