【創作活動】

珍しく、創作活動なんかしてます。

 

 

この1~2年で、作曲のお仕事を頂く機会が(ほんっとぉぉぉに少しですが)あったせいか

 

 

調子に乗っているのだと思われます。笑

 

 

怒涛の編曲祭りから解放され、少し余裕ができたここ数日。

 

 

編曲ではなく、自分の中にあるちょっとしたフレーズとかを楽譜に起こしたりしてます。

 

 

気ままに絵を描くのと、似ていますね。

 

 

ただ、当方壊滅的に味のある絵なもんでして、その代わりに音符を書いております。

 

 

別に本番があるわけでもなく、誰かにお願いされたわけでもない。

 

 

ただ純粋に、自分が書きたい音を書いていく。

 

 

楽しいです。

 

 

 

 

 

僕は中学生の時、しきりに「作曲家になる」と言っていました。

 

 

どこまで本気か分かりませんが、何かとそう言っていました。

 

 

ただ…詳しくは書きませんが、大学の時に(あくまでも主観ですが)壮絶な挫折を味わったがために、「作曲」という言葉を封印しました。

 

 

こんな恥ずかしい思いを、こんな情けない思いをするなら、しないほうがマシだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、抑えきれなかったんでしょうね。

 

 

何かの折に、悪いことしてるのを隠すかのように、浮かんだメロディを大切にしまって、何度も何度も頭の中で反芻(はんすう)したりしてました。

 

 

 

 

 

 

「作曲家になる」

 

 

これは、どんなに馬鹿げていても、自分の原体験であることには間違いありません。

 

 

そして、途中であきらめたとしても、違う方向からその夢を叶えることができた今。

 

 

原体験=自分の中に自然発生した原始的欲求は、何をしたって忘れることはできないし、消すこともできない。

 

 

やりたいと思うことを口に出し、下手でもなんでもいいから具現化し、苦痛をなめ、罵倒されながら、前に進んでいけばいいと思うのです。

 

 

人から良い評価をされず、口先を尖らせているのは、そこにエゴしかない時だと僕は思います。

 

 

「自分はこの音が好きだから」

 

 

「自分が作ったこのフレーズは素敵だから、絶対にこのまま形にする」

 

 

 

 

 

じゃあ聞こう。それは、誰かのために書かれたものですか?誰かを幸せにするものですか?

 

 

 

 

 

そう当時の自分に問うたら、きっとそいつは無言でうつむき、時間が経つのを待つことでしょう。

 

 

三人兄弟の末っ子で育ってきたそいつは、そうやって時間が過ぎるのを待つ卑怯者でした。

 

 

でも、そんなそいつが中学生の時に作曲し、初めて人前で演奏した作品。ホルンとトロンボーンとチューバのための曲。

 

 

残念ながらこの世にはもう楽譜は存在しませんが(吹部の楽譜が残ってて、かつ同級生二人も持っていたら話は別ですが)

 

 

それには、「自分が大好きで仲の良かった信頼できる仲間と共演する」という確固たる目的がありました。

 

 

演奏を始める前にお辞儀をするのを忘れはしたものの(笑)

 

 

唯一あの曲だけは、存在意義があったんじゃないかな、と思いたい。

 

 

中学生の自分が書いた曲なんかを演奏させてくれた、自分の所属する吹奏楽部、顧問の先生、先輩や後輩に、今思えば感謝ですね。

 

 

そんなことを思い出しながら、今の僕はどこかの誰かのために、楽譜を書いています。

 

 

思い出話でした(^^)

 

 

~本日の名言~

人生の目的は、自己実現である。

 

頭の中だけでどれだけ壮大なことを考えていても、形にせず誰にも知られなければ、何も考えていなかったのと同じ。

 

 

本当に好きなら、罵倒されても鼻で笑われても、まずはこの世に形を残すことが、初めの一歩。

 

 

コメントを残す

CAPTCHA