【39】#100日後にプリケツになるホルン吹き

まだ

 

 

まだ筋トレメニューを組むことができていない。

 

 

「メニューを組む」という時間を予定に組み込もう。

 

 

一度組んでさえしてしまえば、あとは何の心配もせず、楽しく取り組むだけでよくなる。

 

 

メニューを組まずに、まるで虫歯を直接つついて探すかの如く、鍛えても辛くない個所を探しつつ筋トレをするのは、大変に非効率的である。

 

 

そもそも時間の無駄であり、それが誠に許しがたい。

 

 

 

 

時間とは、唯一この宇宙に於ける(よその宇宙は知らん)すべてのものに平等に与えられるもの。

 

 

その1分1秒を何に使うかで、自分の未来は決まってくる。

 

 

本を読むのか、TikTokを目的もなくサーフィンするのか

 

 

身体を鍛えるのか、一瞬の快楽のために本当は食べたいとも思っていない白砂糖だらけの甘ったるいスイーツを食べるのか

 

 

100万円を投資信託や株式投資に自力で資産運用するのか、100年預けても2000円しか増えない銀行の定期預金にただ置いておくのか

 

 

1秒で人に感謝を伝えるのか、人に文句を垂れるのか

 

 

人の心と体は、何に時間を使ったかで作られる。

 

 

 

 

今日取り組んだのは、裏プランク20秒×3回、表プランク30秒×1回、エア縄跳び60秒。

 

 

やりながら、迷いが生じていた。

 

 

これは何か変化を促すための迷いではなく、ただただ無益な迷いだ。

 

 

メニューを組むことを怠っている自分の怠慢が生み出した迷いだ。

 

 

自分が行動を起こしてさえいれば、本来は避けることのできたものだ。

 

 

どんなことでも後回しにしたって、消えてなくなることはない。必ず最後にはやらなければならない。

 

 

だとすれば、先に片づけてしまえば、それ以降の時間、そのことに悩まされることなく過ごすことができる。

 

 

その空いた思考のスペースは、きっと新たにクリエイティヴな発想をもたらしてくれるだろう。

 

 

人間はスキマや空間を埋めたがる生き物。

 

 

そうやって、そこかしこにスキマを生み出す続けることこそが、常に価値を生み出し続けることになる。

 

 

よし、決めた。明日の午後にメニューを組もう。

 

 

プリケツになるまで、あと61日。

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA